少額減価償却資産と一括償却資産。どちらにしますか?

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

今日は、税務署で行われた決算法人説明会の講師をしてきました。

 

1 決算法人説明会とは

2 少額減価償却資産と一括償却資産どちらに計上?

3 まとめ

 

1 決算法人説明会とは

税務署と法人会が主催で行われる決算などについての説明を聞ける会です。

ほぼ毎月その月が決算の会社に税務署からお知らせが届きます。

税理士による決算書と申告書の作り方の説明と、税務署から源泉所得税について、

法人税と消費税について無料で説明を受けることが出来ます。

 

2 少額減価償却資産と一括償却資産について

決算についての一通りの説明をしましたが、今回私が一番強調して説明したのは

少額減価償却資産と一括償却資産についてです。

どちらも資産という名前ですが、ひとつは一回で費用に計上することができ、

一つは三年間で費用に計上できる資産です。

一回で費用に出来るのが、少額減価償却資産。(10万円以上20万円未満)

3年間で費用にしていくのは一括償却資産。(10万円以上30万円未満)

10万円未満のものについては、もちろん一回で費用にすることができます。

少額減価償却資産は特例なので、青色申告法人でないと適用できません。

もう一つ注意しなければならないのは、少額減価償却資産は償却資産税の課税対象となること。

一括償却資産は償却資産税の対象にはなりません。

どの償却方法を選ぶべきかは、償却資産税がかかる会社かどうかによっても違ってきます。

 

3 まとめ

資産の償却方法でどれを選択するかは、それぞれの状況によって変わってきます。

利益が多く出ているならば一回で費用に計上して、利益があまり出ないようにした方が

支払う税金は少なくなります。

逆に利益が出ていないのであれば、普通に減価償却していくこともできますし、

3年間で費用にしていくという方法も選べます。

その時、その会社にとって一番の節税になる方法でやるというのがベストです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です