社会保険上の扶養から外れるとは

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

この時期、”社会保険上の扶養っていうけど、いくらまで?”という質問を良く受けます。

ここを間違えると大きな出費になることがあるので注意が必要です。

1 妻が個人事業主、旦那がサラリーマンの場合

2 扶養に入れなかった場合の負担

3 まとめ

 

1 妻が個人事業主、旦那がサラリーマンの場合

妻が個人事業主をしていて、旦那さんがサラリーマンのご家庭の場合、いくらまでなら社会保険の扶養に入れるのでしょう。

社会保険の扶養は130万円未満という話をよく聞きますが、この130万円の判定の仕方は

旦那さんが加入している保険組合によって大きく異なり、その種類もさまざまですので、

正確に知りたいという方は、旦那さんが加入している健康保険組合に問い合わせてみてください。

私が調べた協会では、

売上から費用を引いた残りの金額が130万円未満であれば扶養に入れるということでした。

この費用には確定申告書上で費用にした金額をすべて含みますが、

65万円の青色申告特別控除は含みませんので注意してください。

 

2 社会保険上の扶養に入れなかった場合の負担

社会保険上の扶養に入れなかった場合には、ご自身で国民健康保険と国民年金を払わなければならなくなります。

国民健康保険は所得の金額によって支払う金額が決まります。国民年金は今のところ毎月16,410円となっています。

毎月必ず支払わなければいけない金額が少なくとも16,410円あるとなると、家計への負担は大きいですね。

3 まとめ

今年の売上がたまたま良かったから所得が増えたという場合には、社会保険の扶養から外れなくていい場合もあります。

詳しくは年金事務所か健康保険組合に問い合わせていただければと思います。

年末バタバタしていますが、まだ対策は打てる可能性もあります。

来年は年末にバタバタしないように、しっかりと計算をして早目に対策をすることをお薦めします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です