白紙の領収書は経費になりますか?

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

今日は確定申告の研修を受けてきました。

間違いやすいポイントいくつか新たに情報を収集してきたので、後日このブログで

お伝えします!!

 

1 白紙の領収書は経費になりますか?

お客様の領収書の中に、発行したお店や会社の名前が書かれているけれども、日付や金額が

書かれていない領収書が入っていることがあります。これが今日のテーマ”白紙の領収書”です。

この白紙の領収書に自分の好きな日付と金額を書いて経費にしようと考える経営者の方もいるのかも

しれませんが、それは大きな間違いです。

それは違法行為ですので、絶対にやめてくださいね。

わざと白紙にしてもらったのではなくて、一人経営者の飲食店などで、店主が忙しくて領収書を書く暇がなく

白紙の領収書だけポンと渡されるっていうこともあるかもしれません。

でもこの白紙の領収書に自分で日付と金額を書いてしまったら、これは犯罪になってしまいます。

 

2 白紙の領収書しかもらえない場合にはどうすればいいの?

もし、店主が忙しくて白紙の領収書しかもらえない場合でも、必ずお店の人に日付と金額を書いて

もらうようにしてください。

どうしても書いてもらえない場合は、白紙の領収書は廃棄して、出金伝票などを利用して証拠を残しておくのが好ましいです。

ただし、この方法もそんなに頻繁にしていたら、疑われても仕方ないです。

あまり回数が多くなるようでしたら、事前に店主に領収書が必要な旨、書いてもらわなくては

経費にならない旨を事前に伝えておいて、行ったときにきちんと記入がされた領収書をもらえるような工夫も必要です。

 

3 まとめ

白紙の領収書。私もお客様のレシートを整理させていただくと必ず出てきます。

その領収書が根拠資料とならない旨を伝えると、ひどくがっかりする方もいれば、

経費にするためにスケジュールを調べなおし、コースの金額を確認する方もいらっしゃいます。

お互い急いでいるから領収書だけ!

なんてことがないように、余裕を持ってお店を楽しみたいですね。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です