事業を始めたら。知っておきたい経理の基本

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

いつか事業を始めたい。事業を始めたけれども何を始めたらよいかわからない。

今日は、知っておきたい経理の基本についてまとめてみます。

1 経理の目的

経理の目的は、

①売上の請求、経費の支払いをすること

②1年間に生じた所得を正しく計算して申告するため

③自分の事業を分析し、経営に役立てるため

まずは①と②を目的とします。

 

2 経理がやるべきこと

①お金が入る、出る書類を集める

②①を記録する(記帳)

 

3 集めるべき書類

①通帳

②売り上げの請求書

③仕入れの請求書

④クレジットカードの明細

⑤領収書

⑥その他お金の出入りがある契約書等

 

4 記録(記帳)する

3で集めた書類を記帳する方法は、

会計ソフトで記帳する方法と、エクセルなどで集計する方法があります。

個人事業主の方で青色申告承認申請書を出した方は、

会計ソフトで記帳する必要があります。

白色申告の場合には、エクセルで集計すれば大丈夫です。

 

5 何を記録するか

帳簿には、取引日、金額、内容を記載する必要があります。

会計ソフトでは、日付と勘定科目、金額と内容を記録する必要があります。

会計freeeでは、エクセルに上記3つ(取引日、金額、内容)を記録して取り込むと、

自動で勘定科目を推測してくれます。

勘定科目を何にしたらよいかわからないということも多々ありますが、

自分で決めたルールで勘定科目を決めれば、そんなに大きな問題となることはありません。

*ただし、中には諸会費ではなく交際費にしなければならない科目等もあるので

その辺は注意が必要です。

 

6 いつ記録するのか

いつ記録するのかは、一番大きな問題です。本業に忙しく、経理は後回しになりがち。

一年間ためてしまって後でまとめて記帳ということもできますが、

人間の記憶はそんなに長くは続きません。

何に使ったか忘れないうち(できれば毎日)記録していくのがベストですが、

自分の決めたルールで忘れないうちに記録する必要があります。

特にクラウド会計ソフトを使っていると、ためれば貯めるほど処理がしづらくなってしまいます。

 

7 書類を保存する

記録した書類は紙データであれば、1か月ごとに袋に入れて保存したり、12ヵ月入るファイルに入れることによって保存しておきます。

電子データも整理して保存しておく必要があります。

書類の保存が必要なのは、税務調査があった時に、証拠になる書類がないと何も証明できないからです。

 

8 まとめ

経理の仕方について一通りまとめてみました。

少しでもイメージができて、日々の経理をやってみようと思っていただけたら嬉しいです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です