まだ間に合う?年内に出来る節税

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

 

今日は医療費控除の節税について。

1 医療費控除とは

2 年内に出来る節税

3 まとめ

 

1 医療費控除とは

本人または本人と生計を一にする配偶者や親族が病気やけがで病院に行った場合に支払った治療費や薬代がある場合に

一定の算式で計算し所得から差し引くことができるというもの。

10万円を超えると医療費控除が受けられるという話をよく聞きますが

正確には、

医療費控除額=(その年中に支払った医療費の総額-保険金などで補填される金額)-10万円

10万円の部分は、総所得金額が200万円未満の場合には、所得金額の5%

医療費控除額の最高は200万円です。

この医療費の中には人間ドックなどの検診費用は基本的には含めることができませんので注意してください。

 

2 年内に出来る節税

虫歯の治療や矯正、入れ歯を作るなど比較的金額の大きいものを年内に済ませるという方法があるのかなと。

土日や年内ギリギリまでやってくれている歯医者さんもあると思いますので、検討してみてはいかがでしょうか。

医療費控除に含めるには年内に現実に支払った金額に限られます。

しかし、クレジットカードで支払えば、カードを使った日が通常は治療費を支払った日となりますので、

年内にカードを使って支払いをして領収書をもらえば、その金額も医療費控除に含めることができます。

他には、矯正などで支払う金額が分割になる場合に、年内と年明けに分割して支払うように言われている場合にも、

年内中に支払いを済ませたい旨を歯医者さんにお伝えすれば、もちろん了承してもらえると思いますし、

払った分は医療費控除の対象にすることができますので、年内と年明けで支払うよりも今年中に支払って

控除を多めに受けるという方法を選択することもできます。

 

3 まとめ

こんな風に書いておきながら、

年内に支払う医療費の合計がもう少しで10万円を超えそうだからということで、節税のために無理にお医者さんに行くのはやめた方がいいです。

10万円を超える医療費を払っても節税できるのはその超える部分の金額に所得税率をかけた金額になりますので、税額に直すとそんなに大きい金額にはなりません。

病気にかかって多く医療費をはらったから、その分少しでも払う税金が少なくなるようにとできた制度ですので、

無理にお医者さんにかかることはせずに、あくまで必要だったら行くという風に考えていただければと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です