確定申告期限の延長

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

新型コロナウィルスの拡散を止めるため、確定申告期限が延長されました。

1  確定申告期限

確定申告期限は毎年3月15日です。今年は3月15日が日曜日なので、3月16日が申告期限でした。

しかし、今年は新型コロナウィルスの影響で、申告期限が4月16日と一か月延長されました。

東日本大震災の時は、被災した地域の方のみの延長が認められていました。

全国的に延長されるのは、私が知っている限り初めてです。

それに伴い納税期限と振替納税期限も延長されました。振替納税の期限については、今後発表される予定です。

 

2 多くの人が行う確定申告

確定申告は、申告納税方式なので、それぞれの人が自分の所得を計算して申告・納税を行います。

自分で計算しきれない場合は、税務署に聞きに行ったり、確定申告の無料相談で聞きながら作成することが出来ます。

そのため、税務署や無料相談会場に不特定多数の人が集まって、菌を運んでしまう可能性が高くなることから

この延長が決まりました。

特に、無料申告相談会場は多くの高齢者の方が足を運びますので、危険度は高くなります。

無料申告相談会場には足を運ばずに、ご自宅でスマートフォンやパソコンを使った申告を推奨していますが、

なかなか思うようにはなっていないようです。

e-taxでの申告は一度やってしまえば、手書きで申告するよりも楽にできます。

紙と同じように、データも残せるので、来年もそのデータを見ながら作成することも可能です。

1か月延長されたことですし、じっくりとパソコンの前に座ってやり方を習得するといういい機会かもしれません。

 

3 まとめ

e-taxで確定申告。やりたいと思っていても、いざやろうとすると手が止まってしまって、

やっぱり嫌になってしまったり、断念せざる得ない状況になってしまうこともあります。

そんな方のために、zoomを使って申告のお手伝いをします!

事業所得の方については、青色決算書または収支計算書が出来上がっている方にかぎらせていただきます。

ご希望の方は、お問い合わせページからお申込みください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

食育について

次の記事

桃の節句