確定申告をe-taxですると10万円控除が増えます

おはようございます。税理士の細川ひろみです。

もうそろそろ確定申告を気にする季節になってきました。

菅政権の社会のデジタル化により確定申告やそのほかの書類も脱ハンコの流れが進んでいます。

1 確定申告をe-taxでやるメリット

e-taxとは、申告などの国税に関する手続きをインターネットを利用して電子的に行える手続きの事をいいます。

国税通奏法では、納税手続きの際に必要な書類には原則、押印を求めるという規定がありますが、このe-taxを使えば電子署名で済みます。

令和2年年分の確定申告からは、どんな人でも控除される基礎控除が今までの38万円から48万円にかわりました。その代わりに個人事業主の方が行おう青色申告の特別控除が今までの65万円から55万円に引き下げられることになりました。(合計で103万円の控除)

基礎控除が10万円あがり、青色申告特別控除で10万円下がったので結果として変わらないとおもわられる方も多いですが、

e-taxで申告をすれば、今まで通りの65万円の控除が受けられます。

つまり、菅総理のデジタル化を応援するなら、今までよりも10万円多く控除が受けられることになります。(合計で113万円の控除)

 

2 65万円の控除を受けるための要件

合計113万円の控除を受けるためには、次のいずれかの要件を満たす必要があります。

①e-taxで申告をしていて、e-taxで決算書を作成していること

②会計ソフトで記帳をしていて、電子帳簿保存の申請書を税務署長に提出していること

どちらかの要件を満たしていればいいので、e-taxで申告する方が楽だと思います。

e-taxで申告するためには、①それに対応するパソコン ②利用者識別番号と暗証番号 ③電子証明書とカードリーダーが必要になります。 ②については、オンラインで発行することもできます。③については、ICカードがついているマイナンバーカードをつくり、カードリーダーについては、購入する必要があります。

 

3 まとめ

電子申告をするためには、それなりの準備も必要ですが、10万円も控除額がかわってくるので、やらないという選択肢はなくなるかと思います。

マイナンバーカードについては、出来るまでに時間がかかりますし、直前になって準備をすると、トラブルが起きたときに焦りますので、早めに準備をしておけたらいいですね。

せっかく控除が多くなったのですから、自分から減らすことのないようにできることはやっておきたいですね。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です