損失が出たら第4表を作りましょう

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

今日は青色申告会のe-tax送信のお手伝いをしてきました。

 

1 1年目は赤字になることが多い

事業を始めて1年目。出るお金は多くて赤字になる方が多いです。

その赤字は、青色申告をしていると3年間の繰り越しができます。繰越とは、翌年や翌々年に黒字が出た場合に、その黒字と初年度の赤字を相殺できるということです。

この時に、青色申告承認申請書を出していないと、この損失の繰り越しは使えません。

2年目に出た黒字の部分にそのまま所得税がかかってきます。

青色申告承認申請書を出している場合には、所得税の申告書に第4表をつけて赤字を繰り越すということを税務署に報告しておきましょう。

第四表(一)

これを出していないと、いくら赤字が出ていても損失として認められません。

3年目には赤字はなくなってしまいますので、3年間のうちに黒字にすることが大切です。

 

2 損失を繰り越したら

1年目の損失は別表第四表(二)の 3 翌年以後に繰り越す損失額 のうち、青色申告者の損失の額のところに赤字の金額を記載すればいいのですが、

1年目に赤字、2年目に黒字の時には、下の確定申告書のように 4繰越損失を差し引く計算 をする必要があります。

第四表(二)

この計算をしないと、繰越損失がいくらあって、どのくらい損失を穴埋めしたのかが分かりません。

1年目は第四表(二)の3のところに数字が入っているかを確認。

2年目以降で黒字が出たときには第四表(二)の4のところに数字が入っているかを確認してくださいね。

ここをしっかりかけていれば、損失についてはきちんと計算出来ているということになります。

 

3 まとめ

損失が出たときの申告。意外と忘れている方が多いです。

自分だけがわかっていても、きちんと税務署に報告しないとそれは損失としては認められませんので、今回ご紹介した別表四をしっかりと作成して、提出して下さい。

2年目以降に大きな黒字が出たときに、ありがたみが感じられますので。

これは法人では繰越欠損金の事です。

個人も法人も、青色申告にしていないとこの制度は使えませんので、必ず青色申告承認申請書を提出しておいてください。

税金を払わない時から、払う時の事を考えるってなかなか出来ないことですが、赤字を繰り越せるのは、大きな節税です。

紙一枚で出来る大きな節税ですので、忘れずにチェックしてください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です