差額ベット代は払わなくていいこともあります

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

入院した時の差額ベット代。

1日あたりで、平均5,000円くらいの差があります。

この差額ベット代を入院期間中分払わないといけないとなると結構な金額になります。

1 差額ベット代について

差額ベット代とは、希望して特別室に入院した場合にかかる費用で、公的医療保険の適用対象外のため、

全額が自己負担になります。

特別室の条件として、

①病室の病床数が4床以上

②病室の面積が1人あたり6.4平方メートル以上

➂ベットごとにプライバシーを守る設備がある

④個人用の照明、椅子などがある

以上の条件をすべて満たしている部屋が特別室といいます。

確定申告で医療費控除を計算するときにも、この差額ベット代は医療費の対象にはなりません

2 差額ベット代を払わなくていい場合がある

多くの方が希望をして特別室を利用していますが、特別室しか空いてない場合など、

以下の3つに当てはまる場合には、差額ベット代を払わなくていい場合もあります。

①患者の同意がない場合

②治療上の必要がある場合

➂病棟管理の必要から入院させる場合

以上の3つに当てはまる場合には、病院側は差額ベット代を患者に請求できないことになっています。

特に①の場合、病院から患者に説明があり、さらに病院は室料を記載した同意書に署名を患者からもらわなければなりません。

②のように、病状が重篤なため安静にしなければならない時など、特別室を使う必要がある場合が当てはまります。

➂は感染症の防止のために特別室を使ったり、特別室以外に空きがなかった場合が該当します。

他の病室に空きがないために、同意書を差し出された場合にも、すぐに署名することなく、

その差額ベット代を本当に自分が望んで払うべきものなのか、払う必要がなければ病院側に厚生労働省の通知を確認してほしい旨を伝えれば、差額ベット代を払う必要がなくなる可能性は高いです。

 

3 まとめ

医者から同意書を渡された場合には、あまり確認することなくサインしてしまうこともあるかもしれません。

ただし、入院日数が長くなり、かかる費用が高額になる場合には、差額ベット代は家計にとって負担になることが多いです。

すべての書類にはちゃんと目を通し、しっかりと理解してからサインする必要がありますね。

 

P.S 私が入院した時は、ゴールデンウイークだったこと、コロナウィルスの影響があり入院を控えた人が多かったこともあり、6人部屋で私一人入院でしたので、個室でないのに個室気分でした。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です