freeeの千葉県検索で2位になりました!!

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

私たちの事務所がfreeeの千葉県の検索で2番目に表示されるようになりました。

 

1 freeeを使うと良い点

クラウド会計の良いところは、銀行と連携して数字を打ち込むことなしに会計データを作れることです。

数字の打ち込みがないだけで、何に使ったか、勘定科目は自分で決めなければなりません。

AIが自動判定してくれて、勘定科目を推測してくれますが、その勘定科目が必ずしも合っているとは限りません。

でも、数字だけは銀行から直接データを引っ張ってきてくれるので、数字の打ち間違いや入れ忘れということは起こりません。

そのため、通帳の数字と入力した会計データがあっているかの確認をしなくて済むわけです。

この、照合という作業に時間をとられるということがありません。

あとは、一度入力したものは次からの入力の時に正確な勘定科目を選んでくれたり、自動化にチェックを設定したものはデータを取り込んだときに登録ボタンを押すことなく、自動で登録までをやってくれることになります。

毎月決まった仕訳、お得意様からの入金などはこの設定にしておくと楽になります。

 

2 freeeで気をつけなければいけない事

freeeで気をつけなければいけないのは、やみくもに次から次へと登録ボタンを押していってしまうことです。

なんだかわからないから、とりあえず登録しておこう。と、どんどんと登録すると、売上が2重で計上されてしまったり、経費が2重で計上されてしまうことがあります。

銀行間の取引など、口座振替として登録していかなければいけない所を出金や入金で処理してしまうと、1つの取引で2つの仕訳を作ることになってしまうので、銀行の残高もおかしくなりますし、正しい会計データを作ることが出来なくなってしまいます。

実際の銀行残高と登録した銀行残高が一致しているかどうかは、口座の中のタイムラインから確認することが出来ます。

一致していない所にはビックリマークがついていて、どこの日付でズレが生じてしまったというところまで確認することが出来ます。

ほかのクラウド会計ソフトにはないとてもいい機能です。

 

3 まとめ

今まで使っていたデータがどうなるのか心配。クラウドって本当に大丈夫?って思ってなかなかクラウド会計に移行できないという方もいらっしゃいます。

クラウド会計であれば、遠隔にいても同じデータを見ながら、わからないことを解決することが出来ます。

もちろん、使い方がわからなくて不安という方には、最初から使い方をお伝えしますのでご安心ください。

私自身も最初の1年くらいは慣れないために、イラっとしてしまうこともありましたが、どういう機能をどのように使ったらいいのかがわかってくると、会計freeeの方が使いやすいということが増えてきました。

今後も私がこの使い方がよかったと思ったことをこのブログでお伝えしていきます!!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です