6月の人気記事

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

雨が降ったりやんだりするのって、昔はとても嫌でしたが、最近はこんな天気も好きだなーなんて思っています。

先日、freeeの認定アドバイザー☆三つになりました!

 

1 6月の人気記事(1位)

5月も人気記事になっていましたが、引き続き人気の高い記事 プライベートな支出に見てても経費で落とせます でした。

ここでは家電などを買ったときに経費に出来るのか出来ないのかを解説しています。そのほかに家事按分の考え方を書いています。

実際の家事按分の仕方を書いていなかったので、そのうち書こうと思います。

 

2 6月の人気記事(2位)

住民税は6月のお給料から変わる では、住民税がどのようにして計算されているのかという仕組みを解説しています。そのほかに副業を会社にばれないためにはどのように確定申告書に記載すればいいか。

個人事業主の住民税の納付についてまとめています。

6月からお給料の手取りが少なくなったり、多くなったりしていた場合には、住民税の金額に変化があったかどうかを確認していただくとその原因がわかってきます。

 

3 6月の人気記事(3位)

内閣府ベビーシッター券について。この記事はベビーシッターの色々な事件が発覚してから消そうと思っていましたが、

本当に困っている時にやはり頼れる存在はありがたい。

事故が起こってしまっているけれども、やはりニーズは高い記事なのかと思い、消さずにとってありましたが、この記事が3位になっていたことには驚きました。

共働きでどうしても人手が必要で、せめて送り迎えだけでもと考える方の気持ちもよくわかります。事故が減って安心してこの仕組みが使えるようになっていただきたいという想いも込めて、この記事は消さずにとっておきます。

 

4 まとめ

以上、6月の人気記事1位から3位までを見てみました。

個人事業主の方で、事業経費になるべく入れたいという気持ちはよくわかります。無理に経費を作らなくても、事業所得・不動産所得の申告をしている人は、青色申告承認申請書さえ出しておけば、65万円までは何もしなくても経費にしてくれるという制度があります。

会計ソフトなどを利用して貸借対照表まで作る必要はありますが、領収書がなくても65万円まで控除が出来るこの制度を使わない手はありません。

白色申告でも青色申告でも手間的に変わらないので、是非税制面でも有利な青色申告で申告をすることをお薦めします。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です