経理を効率化するには書類の整理も大切

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

お客様から送られてくる書類。それぞれ個性があります。

書類を送ってくれるまでにどれだけ時間がかかっているのか聞いて、出来るだけ効率的に処理が出来るようにお伝えします。

1 書類は相手から受け取った時に処理する

売上は、会計freeeで請求書を発行すれば、

売掛金/売上

という仕訳を自動で作成してくれます。

仕入れについては、相手先から書類が来た時に

仕入/買掛金

という処理をします。

売上については振込期日を、仕入れについても支払期日まできちんと入力しておけば、自動的に資金繰りも見えてきます。

これを自分で管理するとなるとかなり大変。

売掛金の回収予定と買掛金や未払金の支払期日を一つ一つチェックして、支払漏れのないように分類したり、資金繰りを考えたりしなければなりません。

書類が来た時に、上記のような入力をするだけで済んでしまうはずなのに、なぜか自らややこしくしてしまっています。

 

2 カード払いの領収書と現金払いの領収書を分ける

そのほかの支払については、どうやったら効率化ができるのか。

まずは、カードで買った領収書なのか、現金で買ったときの領収書なのかを分けます。

科目ごとに分けている方もいらっしゃいますが、まずは、カード払いなのか現金払いなのかで大きく二つに分ける方が大切です。

なぜなら、会計freeeだとカードの情報も連携すればカード会社から直接データを読み込むことが出来ます。

なので、わざわざ一枚一枚カードの領収書を入力する必要はなくなります。

そのため、まずは、カード払いの領収書なのか現金払いの領収書なのかを分ける必要があります。

そして次にその支払いが何の勘定科目になるのかを割り振っていきます。

毎月同じところから買い物をしていて、同じ用途に使うのであれば前月と同じ勘定科目を使えばいいですし、

そうでない場合には、支払いに対応する勘定科目を使って処理していきます。

 

3 まとめ

売上と仕入れの請求書の処理で今までのやり方とは違うかもと思われた方がいれば、是非試していただきたいです。

領収書についても、全てを一から入力するわけではないので、だいぶ時間の節約になるはずです。

このほかに通帳とお給料のデータがありますが、通帳については同期をしていればそのデータを登録していきます。

お給料については、取引テンプレートを作っておいて、数字だけをその月分のデータに更新していく。

このように処理していけば、毎月の経理にそんなに時間をとられずに処理を終えることが出来ます。

是非やってみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です