会計freeeを自動化に近づける方法

おはようございます。税理士の細川ひろみです。

会計freeeをどう使ったらより楽に経理が出来るかを日々模索しています。

先日、freeeの研修を受けて自動化のポイントを聞いたので、私なりにまとめてみます。

自動化のイメージ

1 銀行やカードからの同期を自動化に近づける

現金を使わなければほぼ自動で出来るというのが、freeeの売りにもなっていますが、お客様のデータをいただいて処理していく中でなかなかうまくいかず、通帳やカードの同期ができるのでその分、紙データをお預かりすることが少なくなり、入力はしなくてよくなったのですが、どうしても余計に時間がかかるという問題がありました。 そこで先日行われていたfreeeの研修を受け自動化のやり方が間違っていたことに気づきました。

今までfreeeは一度同期して登録したものは、自動登録ルールに完全一致で取引を推測するという形で何でもかんでもルールを作ってしまう仕様になっていました。

なので、設定→自動登録ルールの設定の画面から登録されているものを見てみると、たくさん登録されている場合が多いです。

この自動取引ルールの設定画面で、取引内容に適格な言葉(○○タクシーであれば、タクシーだけ)にし、ルールを部分一致にすることによって、タクシーという言葉が取引に入ってきた場合には、自分が設定した勘定科目(旅費交通費または車両費)として登録するようになります。

自動登録ルールでもう一点、変更を加えなければいけないのが、上記の条件に一致したときに行う処理がデフォルトでは”取引を推測する”になっているので、”取引を登録する”に変える必要があります。

  

こうしておけば、銀行やカード会社からの明細を取得した時にいちいち登録ボタンを押すことなく、自動で登録まで完了します。

2 売掛金の消込や買掛金の消込の自動登録はプランによる

売掛金の消込や買掛金の消込は上級プランでないとできません。そこまでやってくれたら楽なのにと思うこともしばしばですが、やはりこれについては、請求書通りの金額が入金されてるか、請求書通りに支払ったのかを確認しながらやった方がいいという意味もあるのか自動で経理をすることはできません。

自動で登録されてしまうと、手数料が引かれて入金されていたり、多く支払ってしまっていても気づかないで過ごしてしまうことがあるので、こちらについては1件1件、入金のありがたみを感じながら登録していく必要があります。

3 まとめ

   freeeを使っていかに経理を効率的に楽にやるかについて、知ったことをまとめました。知っていると知らないとでは大きな差となりますので、これからも新しく入手した情報やこれは使いやすいといった情報をお伝えし続けたいと思います。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です