会計freeeの取引先、メモの使い分け方

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

クラウド会計。今年から始めようと導入している方も多くいらっしゃると思います。

その中で、取引先、品目、メモの使い方がわからないという声を多く聞くようになったので、

その使い分け方についてです。

糀を使って効率よく心身をきれいにする講座を受けてきました!

1 会計freeeでの取引先は資産、負債勘定に使うと効率的になる

会計freeeでの取引先。お金をもらう時、お金を払う時、いずれも取引先があります。

お金をもらう取引先とお金を払う取引先のことです。

この場合には、売掛金の科目に取引先をつける。買掛金の科目に取引先をつける必要があります。

取引先と聞くとついついすべての取引先の名称を入れてしまいがちですが、それは非効率です。

売掛金や買掛金、未収金や未払金など資産、負債の勘定になるものだけに取引先を設定するのが効率的です。

そうすれば、どの取引先に売掛金があるのかや、まだ払っていない買掛金はどこなのかも把握できます。

 

2 会計freeeでのメモは費用勘定につける

会計freeeでのメモはどの勘定につけたらよいか?

それは、費用勘定です。例えば、よく使うタクシー代や電車代をメモとして登録しておいて、

旅費交通費の科目が出てきたら、その内容を示すために品目にメモしたタクシー代を入れておく。

こうしておけば、後から見たときにも旅費交通費の内訳がタクシー代なのか電車代なのかが

すぐにわかります。

備考に入れてもいいのですが、会計freeeの場合、備考は品目のように登録は出来ないので、何回も手入力することになります。

何度も出てくる内容であれば、メモを使う方が効率的です。

 

3 まとめ

クレジットカードでの購入で、未払金を計上しますが、その支払先ごとに取引先を設定してしまっていました。

そのような場合には、銀行引き落としの時に取引先ごとに消込をしていくことになってしまいます。

クレジットカード会社を未払金の取引先に設定しておけば、払ったときもクレジットカード会社の未払金を消し込むという一本の仕訳で済みます。

せっかく効率的に使えるクラウド会計ソフトを上手に使うためには、取引先や品目、メモの設定もポイントとなってきます。

時間をかけずにわかりやすい試算表を作るためには、設定の仕方も重要です。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です