会計freeeの仕訳登録の仕方には4つある

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

ようやく学校が通常授業になり、ほっとしてます(#^^#)

 

 

1 会計freeeの登録の仕方

会計freeeは色々な方法で仕訳を登録することが出来ます。

 

①取引の一覧・登録のところから、②連続取引登録から、③銀行やクレジットカードを各銀行やカード会社のデータと連携して登録していくやり方、そのほかに主に決算で使いますが、④振替伝票から登録していくやり方もあります。

 

①の方法は、発生日、勘定科目、金額、取引先やメモなどを1件1件選んで登録していきます。

一つの仕訳を登録すると、どのような仕訳になっているのかが仕訳プレビューという形で表示されますので、自分が思っていたような仕訳になったかをすぐに確認することが出来ます。

②の方法は記帳月、種類(どういう取引なのか)、口座をまず選択し、そのあとに実際に取引のあった日付、相手方の勘定科目、摘要と金額を入力していきます。この登録の仕方の場合には、仕訳の形では登録した内容を確認できません。選んだ種類に相手勘定と金額をどう入力したかだけが表示されます。

③の方法は、1件1件詳細の方から登録していけば、1件1件仕訳プレビューを確認することが出来ますが、相手勘定と取引先を確認して単に登録ボタンを押していくやり方は、すぐには仕訳の形で内容を確認することはできません。取引の一覧登録画面からの確認が必要になります。

④の方法は、振替伝票形式なので、最初から仕訳の形で全て自分で入力していく形です。

会計freeeの方では、①から③の登録方法は日常の取引で、④の登録方法は決算のみで使うことを想定しています。

そのため、一度登録した仕訳を確認するのに、取引の一覧・登録画面からの検索ですと、振替伝票で登録したものは検索できません。

すべての仕訳の中からの検索をしたい場合には、仕訳帳からの検索が必要になります。

 

2 まとめ

会計freeeでの登録の仕方、登録した仕訳の確認の仕方についてまとめてみました。

より効率的にデータの入力をする際の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です