会計freeeで確定申告すると得られるメリット

おはようございます。

税理士の細川ひろみです。

個人事業者が確定申告に導入しやすいクラウド会計ソフトとして開発された会計freee。

どのようなメリットがあるのかをまとめてみました。

#自動化のイメージ

1 簿記初心者の方でも導入しやすい

会計freeeは、領収書を写真で撮るだけで勘定科目を推測してくれたり、

預金通帳からのデータも推測機能がついているので

freeeが推測する勘定科目を当てはめてくれます。

貸借がわからない場合でも、上記の方法をとれば貸借を間違えることはありません。

勘定科目については、あくまで推測なので間違っていることもしばしば。

最終的には、自分の目で確認し、間違っているものが直して登録という作業が必要になってきます。

自分が売りあげたときに出す請求書についても、請求書作成が完了すると、売上に係る仕訳を自動的に作成してくれます。

つまり商品やサービスを売り上げたら、

売掛金 / 売上

という仕訳を計上しなくてはいけないということを知らなくても、freeeで請求書を発行するだけでfreeeが自動的にこの仕訳を作成してくれます。

 

2 確定申告書作成までのナビゲーションがついている

会計freeeでは日々の取引を登録し、一通りの決算書と確定申告書作成はもちろんできます。

それだけでなく、他の所得(株の譲渡所得、FX取引などなど)がある場合にも確定申告書作成画面で簡単な質問に答えて、表示されている書類を用意して同じように入力していけば、事業所得だけでなくほかの所得も含めた確定申告書を作成することができます。

国税庁がだしているe-taxソフトでも、同じような機能がありますが、事業所得を計算する機能は備わっていません。

事業所得から申告書の作成までを一括して同じソフトややりたい人や、

確定申告についてあまりわかっていないので、ナビゲートに沿って申告書の作成をしたいという方にはお勧めのクラウド会計ソフトです。

 

3 まとめ

クラウド会計ソフトfreee。

初心者の方にとってもとても導入しやすい、わかりやすいソフトです。

しかし、やみくもに全ての通帳やカード類を登録して、全て登録していってしまっては二重に計上されて売上が本来の売上の2倍になってしまったり、経費を多く計上しすぎてしまうということが起こります。

登録する口座はどれにするのか、アマゾンなどのサイトは登録するべきかどうかなど、最初の導入には多少時間をかけて設計していけば、経理の自動化にもつながります。

ぜひ活用してみてください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です