過去の数字を見ると気が付くこと

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

今日、ある書類を書かなければいけなかったため、過去の写真を整理していました

魚をさばくことにはまっている息子が北海道から送ってもらった70センチの鮭。

 

1 過去の写真を整理して思ったこと

2 過去の数字を見ると気が付くこと

3 まとめ

 

1 過去の写真を整理して思ったこと

グーグルのドライブに写真を保存するようになってからの写真は過去のものでも、

携帯からでもパソコンからでもすぐ見られるのでとても便利になったと感じます。

今まではSDカードで保存していたので、SDカードが何枚にもなって、

すべて同じ形状なので、日付を書いておくのですが、実際に開いてみてみないと思った写真が

そこのカードに入っているかどうかわからないので、とても苦労していました。

しかし、グーグルドライブなら画像として見れることに加えて、

どこの場所で撮影したものなのかでも分けてくれるので、旅行に行った時の写真を

探しているときなどはとても便利です。

そして、私は今回これらの写真をみていて、あんなところにも行ったとか、あの時はああだったなどと

思い出すことが出来ました。

 

2 過去の数字を見ると気が付くこと

会社の数字は日々動いています。その時は気づかなくても、後から気が付くことは多くあります。

過去に比べて売上は増えているけれども、経費は増えていないがそれはどういう理由からなのか。とか、

過去のあの時は○○があったから数字がよかった。とか

今現在の数字を見ることも大切ですが、過去の数字を振り返ることも大事です。

過去は変えることが出来ないから、今と未来を見ていれさえすればいいというのではなく、

過去の数字から得られる情報もフル活用して経営に取り組んでみるとまた違った結果になる可能性は高いです。

 

3 まとめ

今回は写真の整理をしていて、その時の自分の気持ちや状況、表情や行った場所など色々なことを思い出しました。

目標をもって将来に向かって進んでいくことも大切ですが、たまには過去を遡って今まで自分がやってきたことを

振り返ってみて、現在の数字を確認し、将来の目標を決めていく必要もあると思いました。

ぜひ色々な角度から数字を分析してみてください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です