9月に払った10月分の経費は9月の経費にはなりません。

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

9月に払った10月分の経費。

 

1 会計は事業年度で考える

2 10月から消費税が10%

3 まとめ

 

1 会計は事業年度で考える

10月が終わって早5日。今月は9月決算、11月申告のお客様の申告があります。

10月から消費税が10%になり、9月中に10月分の経費を払っている法人は注意が必要です。

10月分の経費を9月に払ったとしても9月決算の会社の経費にはなりません。

なぜなら会計も税法も事業年度単位で考えるから。

10月の家賃に係る消費税は10%です。こちらが支払う消費税が増えるということは、

消費税の納税額が少し減るということ。

少しでも消費税の負担を減らしたいから10月の経費を9月決算の法人の計算に含める

事はできません。

9月に払った10月分の費用は、前払金や前払費用という科目を使って決算で資産に計上し、

前払金 100円/現金 100円

翌会計期間に 費用科目 100円 / 前払金 100円

という処理をすることによって翌会計期間の費用にします。この時、費用科目に係る消費税は

10%または軽減8%になります。

 

2 10月から消費税が10%

9月決算までの法人は全期間消費税が8%なのであまり気にすることはなかったのですが、

10月から消費税が10%になり、さらに軽減税率適用で売上、仕入とも10%のものと8%の物が混在することになります。

領収書をよく見て、10%と8%の区別をきちんとして経理を進めていく必要があります。

全部10%でいいやとか面倒くさいから8%にしておけばいいやと思う方もいるかもしれませんが、それは困ります。

きちんと領収書に書かれている金額と税率で処理していかなければなりません。

 

3 まとめ

今月までの申告であれば消費税についてそれほど悩むことはなさそうですが、

心配なのは来月以降ですね。

9月までの8%と10月以降の軽減税率8%の違いをしっかりと区別を

して処理していますか?間違って処理することによって納税額が増えて

損をしてしまう可能性があります。

10月にどのように処理したのかをもう一度見直してみる価値はあると思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

新入会員歓迎会