家計簿をMF meに変えたら家計簿をつける時間が劇的に減りました!

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

この1月から家計簿をマネーフォワードミーに変えました。

 

1 マネーフォワードミーに変えたきっかけ

今年の1月からマネーフォワードミーに変えました。今までは貯まる家計簿というのを使っていましたが、

マネーフォワードミーを友達に薦められたこと、一度携帯を壊してしまったときにデータが飛んでしまったということもあり、

新しい年、何か新しいものを始めてみるのもいいのかなと思って思い切ってマネーフォワードミーに変えました。

仕事では、MFやfreeeを使って経理を効率化した方がいいと言っていた私ですが、自分の事はつい後回し。

貯まる家計簿では毎日、レシートを入力し、月に1回カードの明細が届くたびに入力したレシートと支払額があっているのかを

チェックしていました。そして合わないと、どこが合わないのか、何回も見直して結局1時間たっても終わらないという日も

多々ありました。

 

2 口座やカードの連携ができるので、効率がよくなった

マネーフォワードミーでは、銀行口座やカードはもちろん連携出来ますし、iDeCoや証券までも連携出来ます。

つまり、自分の資産がどのくらいあるのかをグラフで一目で見ることができます。

カードも連携出来るので、今までの私のように一枚一枚レシートを入力して、どこが漏れているのかというのを

チェックしなくてよくなりました。連携されたものが何の費用なのかを当てはめていくだけ。

何でもっと早く使わなかったのかと何度も感じています。

唯一、いまだにうまく使えていないのがWAON。

使ったものだけが連携されるため、残高は表示されないそうですが、使ったものもうまく連携出来ていないこともあるので、

設定の関係なのか、データの更新のずれなのか、今後使っていくうちにうまく使いこなせるようになったらいいなと思っています。

 

3 まとめ

一番最初の家計簿は手書きでした。その後、エクセルに入力するようになり、貯まる家計簿の後に今のマネーフォワードミーを使うようになりました。手書きの時は数字も全部電卓で計算して、それを転記して。

今では考えられないくらい不効率なことをしていたという感じですが、それはそれで何の費目にいくら位使っているのか、手で書くので記憶にもよく残りましたし、今もその感覚が生きています。

家計簿をつけるのが苦手という場合にも、キャッシュレスな人であればマネーフォワードミーで効率よく家計管理が出来ると思います。使用料は無料ですが、口座の登録に多少手間がかかりますが一度使ってみる価値はあります。

ぜひ試してみて下さい。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です