家族信託について

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

家族信託ってご存知ですか?

今日は家族信託についてまとめてみようと思います。

1 家族信託とは

家族信託とは、任意後見と遺言を合体させたような制度です。

信託と聞くと、投資信託とかを思い浮かべますが、家族信託は信託銀行や信託会社を通さない個人間の信託です。

信託銀行や信託会社がする信託は、”商事信託”といい、個人や一般の法人を使ってする信託は、民間でする信託という意味で”民事信託”または”家族信託”と言われています。

自分の財産を、自分が認知症になっても、自分が亡くなっても、自分が思ったように使えるようにするための制度です。

つまり、家族信託という形にして、自分の気持ちを保存することが出来るのです。

家族信託には財産などを託す人(委託者)と、託される人(受託者)、守られる人(受益者)が存在します。

受託者は財産を託され、管理していく必要があり、受益者は託された財産から出た利益を受ける権利があります。

2 家族信託のメリットデメリット

メリット① 事実上の生前贈与ができる。

受益権が変わらない家族信託には、名義を変更したときにかかる贈与税はかかりません。しかし、委託者が死亡した場合に、委託者の財産が相続税がかかるほどあれば、相続税はかかってきますので注意は必要です。

メリット② 認知症になっても渡したい人にお金を渡すことが出来る

家族信託は、自分の意思で財産を引き継ぐ人を決めることが出来、しかも何代にもわたって指定することが出来るので、遺言を作らなくても渡したい人に自分の財産を渡すことが出来ます。

デメリット① 信託をした事業については、損益通算ができなくなる。

2種類の事業を行っている場合(たとえば、農業と不動産業など)にどちらか一方で出た利益を、もう一方で出た損失と相殺することはできません。結果として所得税が高くなってしまうということはあります。

デメリット② 不完全な信託を設定した場合には、信託が終了したり、贈与税がかかることがある

不完全な信託を設定した場合には、多額の税金が発生したり、予期せず信託が終了してしまうことがあります。信託を設定するときには、必ず精通している専門家に相談することをおすすめします。

 

 3 まとめ

最近よくとりあげられる家族信託。

うまく使えばとても使いやすい制度です。しかし、誤って使ってしまうと多大な税金が発生することもあります。

せっかくある制度ですので、専門家の人に相談しながらうまく利用することをお薦めしたくてこの記事を書きました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です