学校からの情報がすべて電子情報になっているとき子供にどう伝えるか

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

学校休校中の情報は、全て私の携帯のアプリに来ています。

子供が携帯を持っていればその場で見といてと伝えられますが、、、、

1 子供に関係のある情報を伝えるにはやっぱり紙が便利

ペーパーレスが進んでいて、自分もペーパーレスにしなきゃいけないと思い、デュアルモニターにするためにモニターを注文しました。 仕事はドロップボックスやグーグルドライブなどで他の人と同じ情報を共有できますが、パソコンを持っていない子供に学校からの情報をどう伝えていけばいいのか。

学校からの情報は、YOUTUBEなどの動画もあれば、登校日が記載されたPDFもあります。

YOUTUBEは一緒にいるときに見せる必要がありますので、時間を見つけてみせるようにはしています。

しかし、登校日など親だけでなく子供もわかっていなければいけない情報はやはり紙で出力して一緒に確認する必要がありました。

分散登校で行く日も行く時間もばらばら。

常に確認しておかなければ、忘れてしまうし、間違えてしまいそうです。

親も子も常に見えるところに紙を貼っておいて、前日に確認。

そのような時にはやっぱり紙が便利ですね。

学校に行っている時には紙をたくさんもらってきてペーパーレスにすればいいのにと思っていましたが、

パソコンを一人一台持っているわけでもなく、各家庭で状況も違うとなれば、やはりペーパーレスは難しいということがよくわかりました。

 

2 今後一人一台パソコンを持っていることが当たり前になるのか

学校から、家にこどもが使えるタブレットやパソコンがあるのか。Wifi環境が整っているかなどのアンケートがありましたが、

今後2年くらいで、オンライン授業が当たり前になる日が来るのでしょうか。

他の国では、学校が休校になっても何の問題も起こらなかったというような報道もされています。

これは一人一台パソコンがあれば解決する問題なのか、親の意識の問題なのか。

両方に問題があるのかな。

パソコンは便利だけれども、あまり低年齢からさせてもいいものなのか。

ちょっとした不安も残りますが、やはり今回のような外出自粛になったときや家から出られなくなってしまったときには、

オンラインで何かが出来るメリットは大きいです。

必要と思っていたけれども、変えられなかったことが今ようやく変化の時をむかえています。

 

3 まとめ

何十年と変わらなかった学校の体制。これからは大きな変化がありそうです。

学校もオンラインと対面の良いところを融合した形になるのかもしれませんね。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です