子供の矯正にかかる費用は年内に全額払った方がお得

おはようございます。税理士の細川ひろみです。

子供の矯正代。結構かかりますよね。

うちも、先日から始めることになりました。。。

1 医療費控除について

1月1日から12月31日までにかかった医療費が10万円以上だと、医療費控除の対象となり、税金が少し安くなるという話は良く聞きます。

医師または歯科医師にかかった時にかかる診療代、治療費は医療費控除の対象になります。(健康診断費用は基本的に医療費控除の対象に含まれませんので、注意してください)

歯科医師による診療は含まれますので、子供の歯科矯正は医療費控除の対象となりますが、大人の美容矯正については対象外です。

大人の矯正であっても、医師の指導により矯正が必要だと証明された診断書があれば対象になります。

一緒に住む家族全員の分を合計して医療費控除を受けることが出来ます。この場合には、納税額の多い方の確定申告で医療費控除を使うとより節税になります。

 

2 年をまたぐ分割払いの場合には、1回目を支払った年中に残りの分を払った方が有利

私の場合もそうでしたが、歯医者さんから年をまたぐ分割払いで言われることもあるかと思います。その場合でも、医療費控除の事だけを考えるなら、1回目を払った年に、2回目も一緒に払ってしまった方が税金上は有利です。

60 万円の医療費を令和2年に30万、令和3年に30万払った場合と、令和2年中に60万円の全額を払った場合では、医療費がこの歯科矯正代だけだったとした場合に、10万円も控除が変わってきます。

10万円に対する税額は所得にもよりますが、5,000円から50,000円の差になってきます。

同じ金額を払うのなら、より節税になるように払った方がいいというのがわかっていただけたでしょうか。

 

3 まとめ

医療費。特に子供の矯正には結構な金額を払うと思います。

年をまたいで支払うよりも、12月31日までに払う方がお得だということをお話ししました。

まだあと2か月あります。

今年中に払い終えて、より多くの税金の還付を受けてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です