夏のマラソン練習は30キロの壁を破る?

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

毎年1回ですが、フルマラソンに出場するという目標。

今年も無事達成できました!!

1 今年は夏も頑張りました

2 3ヵ月前から本格的に練習開始

3 まとめ

 

1 今年は夏も頑張りました

2015年に東京マラソンに当選し、完走してからというもの今年で5回目のフルマラソンへの挑戦。

いつもの年は夏は暑いし、途中で倒れたりして家族に迷惑かけたら元も子もない

なんて自分を甘やかせてあまり練習していませんでしたが、今年の夏は、夏の頑張りがレース時のモチベーションとタイムにもつながるというようなことが書かれていた記事を目にしたので、普通通りに練習しました。

暑い中よく走るなーなんて自分でも感心しながら(笑)週末は必ず、平日も時間を作って練習に励みました。

 

2 3ヵ月前から本格的に練習開始

いつもは週4のペースで5キロから7キロ位を走るようにしていますが、レースの3ヵ月前からはレースに照準を合わせて、金哲彦さんが書いた”マラソン練習法がわかる本”の練習メニューをこなすようにしています。

そこには、坂ダッシュであったり、クロスカントリーのようなコースを走るメニューも用意されているのですが、出来る限り近い練習をするようにしていますが、さすがに山道はないので自分の出来る範囲の練習にしています。。。

本番まで、週6の練習メニューの時もあれば、週3で軽めのメニューの時もあります。

必ず休養も含まれていて、強弱のあるメニューが書かれているので、とても取り組みやすいです。

基本、一人で練習しているので、練習しすぎで身体を壊したり、足を痛めたりしていたこともあったのですが、この本に書かれている通りに練習すると、きちんと休養も入っていて、無理せず練習ができ私にとってのいいペースメーカーになってます。

 

3 まとめ

ここ2年間は本の中の目指せサブフォーの練習メニューをこなしていますが、なかなか達成は出来ていません( ノД`)シクシク…

30キロを超えたあたりからとよく言われますが、まさしくその通りで、昨日の本番でも30キロを超えたあたりでお腹の上の方がつってしまって、普通には走れない状態でした。この部位のつりは初めてだったので走りながらもがき何とか走れる状態に戻りましたが、その後は全くペースが上がらず、結局タイムはいつもと同じでした。

夏を乗り切れたから少し早く走れるようになったかなとも期待しましたが、期待外れでした。

普段の練習では走っても20キロなので、30キロの壁にぶつかることはありません。

どのようにしたらこの壁を破ることが出来るのか。

何かいい方法がありましたら教えてください。

来年は周回コースではないレースに参加できますように♡

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今年の投稿はこれで終わりです。

来年もよろしくお願いします!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です