余命があと半年だったら。何をしますか?

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

コロナウィルスの影響で家にいる時間が増えていますが皆さんは何をして過ごされていますか?

 

1 最高の人生の見つけ方

もう10年以上前の映画ですが、たまたま題名が目に入ったので借りました。

何で私の目にとまったのか、私達の生の時間は有限です。

その中で何をどうやって生きていくのか。

それって、永遠の課題でもあり、自分の人生を設計していくうえで大切な事です。

そのことをこの映画ではどうやって表現していくのか、それを見終わったときに感じる気持ちは

どのようなものかを知りたかったんだと思います。

 

2 自分のしたいことをやれる人生がやっぱり一番最高

今いる環境で、色々な制約はあるかもしれないけれど、その中でもできることを今やる。

それが一番の幸せなのではないかと、この映画は教えてくれました。

今もコロナウィルスで明日何が起こるかわからない状況が続いていますが、

本当に明日は何が起こるかわからないという状況が珍しくなくなってきました。

自分が今日したいことをしないで、明日を迎えるくらいだったら、多少失敗をしても

やらないで後悔するよりも、やって後悔した方がたとえそれが失敗だったとしても

自分の経験値も増えて、次に生かすことが出来ます。

やってたまたまそれが成功するってことだってありますから。

慎重派の私は、今までは失敗するくらいならやらない方がいい。やって後悔するくらいなら

やらない方がいいなんて思っていましたが、やらないで後悔することの方が失敗だということを

学んでからは、なんでも挑戦するようにしています。

その方が、人生は豊かになりましたし、経験値も増えました!!

 

3 まとめ

普段、何がしたい、あれが欲しい、これが欲しいと言っている子供たちにも、自分たちの命があと6ヵ月だったら何を

したいかを聞きました。

それぞれ、株式投資がしてみたい、サッカー選手に会って握手したい、宝くじを買いたいとか

普通でも出来るようなことしか返ってきませんでした(>_<)それだけ普段色々と言っているけれども、

そんなにやりたいことは多くないのかなと思って、少しホッとしました。

せっかくこんな機会があったので、やりたいことリストを見直して、達成していきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です