事業を始めたら早めにやっておくべきこと

こんばんわ。税理士の細川ひろみです

個人で事業を始めたら、必ずやらなければならないのが経理。

経理を楽にするためにやっておくべき3つの事をお伝えします

1 通帳をつくる

まずは、事業専用の通帳を作る事が経理を楽にする第一歩です。

クラウド会計で自分で経理するときにも、税理士にお願いするときにも、

事業用の通帳があれば、その通帳だけを同期すれば事業に使ったお金の流れを大体把握できますし、

税理士にも恥ずかしくなく見せることが出来ます。

この中に、事業に関係のない支出や収入がごちゃごちゃに入っていると、お金の流れは見えませんし、

通帳を同期するときにも事業に関係のないものをわざわざ事業主借勘定や事業主貸勘定で処理しなければならなくなって

しまって、手間がかかります。

通帳は、自分の好きな銀行で作ればいいのですが、都市銀行だと屋号(自分の事業の名前)をいれることが出来ないなどの

制約がある銀行もありますが、通帳自体は作ることが出来ます。

都市銀行だと手数料が高いので、ネットバンキングにしている方もいらっしゃいますが、ネットバンキングだけだと信用力

が低いとみられるのか、得意先から嫌がられることもあります。

大手の取引先がある事業の場合には、ネットバンキングの使い方には注意した方がいいです。

 

2 会計ソフト選びと領収書の保存

個人事業の場合には、事業を始めてからのお金の動きを記録しなければいけません。

その記録に必要なのが、会計ソフト。

自分が使いやすい会計ソフトがいいのです。クラウド会計は銀行やカードのデータを

銀行やカード会社のデータから直接取り込むことが出来ますので、それがどの科目に該当するかを

登録していく作業が必要になります。

従来の会計ソフトであれば、通帳の取引やカードの取引を1件1件入力していく必要があります。

どちらを選ぶにしても、最終的に出来上がる決算書は同じですので、自分がやりやすいものを使うことをお薦めします。

領収書は保存の義務がありますので、捨ててしまわずに必ず取っておく必要があります。

月ごとにジプロックにいれて保存しておく方法が手間も場所も取らず便利です。

3 事業用のカードを作る

クレジットカードがどこでも使えるようになってきましたし、品物をインターネット経由で注文するときにも

便利なのがカードですよね。

これも通帳と同様に、事業専用のカードを作ることをお薦めしています。

なぜなら、事業用と家庭用が混じっていると、これも通帳の時と同様に、家庭用の部分を事業主貸勘定を使って

登録していかなければならなくなりますし、カード明細と領収書を残しておくときにも、事業専用であれば

自分の生活のための支出をみせなくてすみます。

そのため、経理も簡潔にすることが出来ます。

 

4 まとめ

事業を始めるにあたってやっておいた方がいい事を3つ挙げてみました。

これは最低限ですので、もっともっとたくさんやるべきことはあります。

でも、上記3つだけでもやっておくと、あとでまとめて経理をやろうという時でも

比較的スムーズに進めることができます。

参考にしてみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です