フリーランスの健康管理

おはようございます。税理士の細川ひろみです。

フリーランスは、自分が仕事をしないと仕事が進まないので、少しの風邪や熱にとても敏感になります。

私が毎日やっている健康管理を書いてみようと思います。

 

1 毎日やっていること

 ①白湯を飲む

白湯は健康にいいと聞いてから、朝毎日必ず飲むようにしています。白湯というと、熱湯を冷ましたものをいうのかもしれませんが、冷めるまで待つことはできないので、私は沸騰したお湯を水で薄めて体温くらいの温度にして飲むようにしています。

普通の大きさのマグカップだと、沸騰したお湯半分、水半分くらいで丁度いい温度になります。

この1杯を飲むか、飲まないかでそんなに大差はないだろうと思いますが、いきなりお茶やコーヒーを飲むよりも胃には優しいし、お通じがよくなります。

 ②鉄剤をのむ

白湯を飲むときに、一緒に飲むのが鉄剤。女性にとって鉄は健康の鍵を握ると聞いてから、サプリを飲むようになりました。

このようなサプリは、毎日飲もうと思っても忘れがちになります。

私は、アマゾン定期便で2か月に1回届くようにして、毎日白湯と一緒に飲むようにしています。

この鉄剤のおかげで、毎月の生理痛は軽くなりましたし、量も少なくなったような気がしています。

鉄は、女性にとって欠かせないものですが、毎日の食事で補うのはとても難しい、ダイエットには鉄が鍵を握ると聞いてから飲み始めて、約1年半経ちますが、やめるのが怖いくらい効果を感じています。

ちなみに私が飲んでいるのはこれ↓です。

 

 ➂1日1万歩を目標に歩く

デスクワークなので、歩くことを意識しないと1日2000歩から3,000歩しか歩いていません。これだとやはり運動不足で、私の場合は集中力も落ちますし、太ります。

太ると、動きが悪くなって、もっとやりたくなくなるという悪循環に陥ります(コロナのときに強く感じました)

1日1万歩をかせぐため、お昼休みに用もないのに出かけたり、近所の買い物を歩いて行ったり、朝20分以上歩いたりして意識的に1万歩以上歩くようにしています。

 ④鼻うがい

①の白湯を飲む前に行うのが鼻うがい。お湯を沸かしたついでにほぼ毎日やっています。

マグカップに塩を入れて、お湯で溶かして、水で温度を調整した塩水を鼻から吸って口から出すというものです。

鼻炎気味だった私が、小学2年の時に父に教わって以来、鼻がつまった時や、風邪を引いた時に鼻の通りを良くするためにやっていました。今は、予防のために毎日やっています。

菌は口と目と鼻から入ってくるということで、1日1回の鼻の消毒は風邪の予防に有効に働いていると思っています。

 

2 まとめ

会社員時代、寝込んで一日何も出来ないという日が年に数回ありました。

ストレスとプレッシャーとキャパオーバーのためだったのかもしれませんが、

フリーランスになってからは、まだ一度も寝込んでいません。

もっと意識しなければいけないこと(食事や減糖など)もありますが、手軽に始められる健康管理として参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です