なぜ入金額で売り上げを計上してはいけないの?

こんばんわ。税理士の細川ひろみです。

売上を入金で計上している方、そのやり方は間違っています。

なぜ入金額で売り上げを計上してはいけないのかについてまとめてみます。

1 入金額は本当の売上高ではない

売上とは、相手側に請求書を出した金額で、その金額がそのまま入金されることもありますが、手数料や源泉税が引かれて入金されることもあります。

その場合には、入金額=売上額とはならないので、手数料や源泉税の分、売上を低く計上してしまっていることになります。

手数料はあとで経費として差し引くので、結果的に変わらないからいいのではないか?との声も聞こえてきそうですが、税務上はそれは売上を低く計上しているということで認められません。

 

2 売上を入金額で計上すると出てくる問題点

所得税や法人税は売上から費用を引いた所得に税金がかかってくるので、手数料を引いた後の金額で売り上げを計上しても問題なさそうに思ってしまいます。

確かに、所得税や法人税の計算上は間違っているとは言えません。

しかし、消費税を払わなけらばならない事業者なのか、払わなくてもいい事業者なのかは、売上額で判断するため、売上を入金額で計上してしまうと、消費税の課税を免れるためにわざとそうしたのではないかと疑われてしまいます。

消費税を払わなければならない事業者なのか、そうでない事業者なのかは、該当年(事業年度)の前々年(事業年度)の売上が1,000万円を超えているかで判断します。(前々年(事業年度)が1,000万円ちょうどであれば、課税されません。)

この消費税の課税なのかそうでないかの判断材料として、売上額を使うので、入金額で売り上げを計上してはいけないということになります。

 

3 まとめ

アマゾンや楽天で商品を売っている事業者の方は、売上の金額から手数料を引いた金額で入金されています。

そのため、入金額で売り上げを計上してしまっている場合には、手数料分を売上に計上し忘れているということになります。

これらの手数料の金額は、積もり積もるとかなりの金額になっている場合がほとんどです。

結果として、売上の計上漏れ、さらには消費税の納税漏れとなっていたというケースもあります。

自分の売上の計上金額があっているのかを確認すると同時に、手数料は何パーセントなのかをチェックするいい機会でもあります。

今まで、入金額をそのまま売上に計上してしまっていたという方は、是非、この機会にチェックしてみてくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です