クラウド会計を使って自力で記帳・数字を管理したい人向けのセミナーです

起業したての方でクラウド会計を使って自力で記帳・数字を管理したいという方をサポートします。

すでに他の会計ソフトで記帳をしている方も、クラウド会計にすることが可能です。

 

クラウド会計とは

今までの会計ソフトとの違い、月額課金制でインターネットにつながる環境であればどのパソコンでもいつでも利用することができる会計システムです。

クラウド会計の主な特徴は以下の通りです

1 ソフトのインストールが不要

2 月額で払うことが出来るので、合わないときはやめやすい

3 会計をあまりやったことのない方でもわかるように作られているので導入しやすい。わかりやすい

4 銀行口座・カードの情報を自動取込することが出来る

5 レシートを写真でとることによって経費を計上できる

6 レポート機能が充実しているので、状況を把握しやすい

7 社内の人や外部の専門家(税理士)ともリアルタイムで情報を共有できる

上記のようなメリットもたくさんありますが、導入して数字を理解するにはある程度の訓練も必要です。

例えば、次のような問題を抱えて処理が止まってしまう場合もあります。

・初期設定の方法がわからない

・仕訳科目がわからない

・どの口座を連携すればいいかわからない

・プライベート使った資金の処理方法がわからない

・数字の見方がわからない

クラウド会計は細かい数字をつくる知識がなくても、自分で数字を管理することが出来ます。

最初の一歩でつまづいてしまい、そのあとが進まないという状況が一番もったいないです。

最初の壁を乗り越え、お客様がスムーズに記帳・数字管理することが出来るように支援いたします。

 

使用する会計ソフト

freee

 

セミナー内容

 クラウド会計freeeの基本知識

①freeeで何が出来るのか(記帳から申告の流れ)

②freeeで自動化できること

③freee独特の用語の紹介・理解

 クラウド会計導入前にやること

①インターネットバンキングの登録

②事業・プライベート口座の整理

③出来る限りキャッシュレス化

 クラウド会計導入後にやること

①口座の連携

②開始残高の設定

③科目・品目の設定

 日々行うこと

①自動で経理の活用

②手動で仕訳する方法

③請求書の発行・送付

④ファイルボックスの活用

 月次で行うこと

①現預金残高のずれの確認

②入金・支払の確認

③業績の確認

④資金繰りの確認

 年次で行うこと

①減価償却資産(固定資産台帳)

②家事按分の計算(個人事業主のみ)

③振替伝票の活用

④freeeを使った確定申告(e-tax)の活用

⑤外部申告ソフトへのデータエクスポート

 便利な機能

①自動登録ルールの活用

②仕訳インポート・エクスポート機能

 質疑応答

 

対象となるお客様

・独立・起業を考えていてfreeeの導入を考えている個人事業主・法人経営者・経理担当者の方

・既に独立・起業していて今後freeeの導入を考えている個人事業主・法人経営者・経理担当者の方

 

時間

3時間

 

料金

30,000円(税込)

 

場所

弊社会議室 または ZOOM

細川経営経理事務所(千葉県市川市南八幡4-4-20-306)1階にドミノピザのあるマンションです。

 

お支払い方法

・事前の銀行振込

・事前のPaypal決済

 

キャンセルについて

ご決済後のキャンセルに係る返金については、可能な限り対応いたしますが、

基本的には致しかねます事、ご了承ください。

 

準備していただくもの

クラウド会計に事前に無料登録していただき少し触っていただくとセミナーがスムーズにですが、強制ではございません。

セミナー当日は必要に応じてPC、筆記用具の準備をお願いします。

 

手続きの流れ

1 スムーズな予約ができるように、私のスケジュールを公開しています。下記のカレンダーを参照していただき、

ご希望の日時をご確認ください

2 下記申し込みフォームより、お申し込みをお願いします。

3 こちらから日程の確認、お支払い方法についてメールでご連絡いたします。(迷惑メールに入ってしまうことがありますので、

何日も返信がない場合には迷惑メールの方も確認をお願いします。)

4 事前にご決済をお願いします

5 決済確認後、確認メールをお送りいたします。

 

お申込み

こちらから

 

お問い合わせ

お問い合わせ